遺書

このブログは私の遺書だ。みんな……遺書を残すものなんだろう?

生理痛がひどいから産婦人科に行ってピルもらってきた

PMS月経前症候群)ならびにPMDD(月経前不快気分障害)をご存知だろうか。

PMSとは生理前の女性に起こる生理痛などの様々な諸症状を指す。腹痛・腰痛・便秘・精神的不調などだ。個人によって症状の種類や程度は違う。

PMDDとは、生理前の諸症状の中でも特にひどい精神的な不調のことを指す。主な症状は、不安感・倦怠感・イライラ・激しい気分の落ち込みなど。こちらも個人によって症状の種類や程度は異なる。

昔から「生理は病気ではない」と言われてきたが(私も母に言われたことがある)、生理痛や生理前の精神的不調は当たり前のものではない。

『仕事でミスをしてしまいがちになる』『家事がはかどりにくい』『苛立ちがひどくて周りの人間につい当たってしまう』『鎮痛剤を飲まなければ』

上記の様なことに思い当たるなら、ぜひ産婦人科へ行って欲しい。産婦人科に行くことは恥ずかしいことではない。乳ガンなどの一部の検査はもちろん、最近は肌へのヒアルロン酸注射なども産婦人科の領分だったりするし(もちろん病院によるが)。風邪で熱が出たら医者にかかるのと同じ様に、生理の諸症状に困っているなら産婦人科にかかるべきなのだ。

 

かく言う私も生理前にやってくる様々な諸症状に悩まされ続け、ついに先々月に産婦人科の門を叩いた。事前に予約したにも関わらず、待合室はごった返していた。年齢層も様々で、十代から六十代?くらいまでいたと思う。お腹の大きな妊婦さん以外は、誰もどんな目的で産婦人科の門を叩いたのか判然としなかった(そりゃそうだ)。

 

初診なので問診票を書かされたが、記入欄には様々な項目があった。基本的には他科の病院と同様だが、中には性交渉の経験の有無・性交痛を書く欄があった。素人考えながら、おそらく性病の確認や膣内に挿入するタイプのエコー(後述)のために記入させられるのだろう。

他には、生理の前後や最中にどんな症状が起こるのかを書く、特殊な問診票があった。一ヶ月分のカレンダーというか、グラフの様なもので、生理の諸症状が生理前・生理中・生理後とどう変化していくかを記入する。記録を付けている人はその日記など持参して行こう(記入はおおよそざっくりで大丈夫だろうけど、おそらく記録をもとに記入するのが望ましい)。私はスマホアプリのルナルナで生理日の記録をある程度取っていたのでそれに基づいてざっくり書いた。

問診票にPMSPMDDについての相談であると書いた上で、実際に問診。ちなみにここのお医者様は女性。念のため卵巣のエコーをとることになった(生理の症状がひどい場合、卵巣の病気の可能性があるのだ)。

この病院には二つのエコーがあるらしく、ひとつはお腹の上から当てるタイプ(テレビで妊婦さんにやってるやつみたいな)。

もうひとつが先述の、膣内に挿入して撮影するタイプのエコー。事前に性交渉の経験や性交痛の有無を訊かれたのはほぼほぼこのためだと思う。性器の挿入を経験したことのない女性がエコーを挿入されれば激痛が伴うだろう。

私は事情があって前者となった。おそらく医師に頼めばエコーの種類は選ばせてもらえると思う。

ベッドに横になり、上半身の服をめくり上げる様に指示される。下半身もアンダーヘアーぎりぎり(っていうか見えてたかも)まで脱ぐ。たぶん半ケツになってたと思う。お腹などの脱毛処理を行っていなかったことを後悔する(これから行く人は気をつけて)。円柱型のカメラ?を当てられ、モニターで卵巣を確認。映像は白黒。テレビでお馴染みの胎児を撮影した映像みたいな感じだった。

『特に異常なし』ということで、服を着直す。卵巣の病気ではなくPMSPMDDという診断をもらい、生理痛に使う鎮痛剤と低用量ピルを処方された。

 

一般にピルというと、避妊のために使われる薬という印象だと思う。ピルを飲んでいるというだけで『貞操観念のない性に奔放な女性』と思ってしまう人もいるかもしれない。お恥ずかしながら、私も高校生の時に友人から説明を受けるまではそうだった。

しかし、『避妊』というのはあくまでピルの用途のひとつでしかない。ピルはPMSPMDDなど、月経に伴う諸症状を緩和するためにも用いられる。

というのも、ピルは生理を止める薬。どういう原理かは割愛するが、ピルを飲み続けると生理が止まる(生理日であっても経血が出なくなる)。ので、妊娠しなくなるし、生理に伴う諸症状も起きなくなる。

私のもらったピルの場合は(ざっくり説明すると)、生理の起きた日から一錠ずつ飲み始め、服用を継続して25日目になったら、一端休薬する(ピルの服用をやめる)。一定期間、ピルの服用を断ったのちに、また飲み始める。それの繰り返し。

ホルモンバランスの乱れを招くので、毎日決まった時間に飲まなければならず、また休薬しなければならないなんて面倒なシステムであり、扱いが難しい。鎮痛剤とは違い、産婦人科できちんと説明を受けてからでないと受け取れない薬なのだ。

 

何度も念を押す様に説明を受けた上で、ピルと鎮痛剤をもらい、終了。病院を去る。

金額は診療と薬代込みで五千円程度。初診かつピルの値段が高めなのでこの金額か(ピルは保険適用のものだったが二十五日分で三千円を超えた)。

とはいえ、卵巣に異常なしとわかったことや、薬により生理の諸症状が緩和されることを思えば、無駄な浪費ではなかったと思う。

 

読者諸氏もこれを機会にぜひ産婦人科へ。生理に悩んでいる人を見かけたら、医師の診療にかかる様におすすめして欲しい。

桜の前に

深夜に眠れず、不安とささくれを精神安定剤と共に飲み込む。

 

この前、勤めていたキャバクラのオーナーとようやく縁が切れた。給料未払いの件で労基へまで訴え出て年末からこっち揉めていたのだ。

こちらとしては顔を合わせたくなかったので、銀行振込を丁寧にお願いしていたのだが、先方が拒否。精神疾患持ちの私を「頭のおかしな人」と罵りつつ、「そちらから出向くのが礼儀」と怒り心頭のご様子。普通に考えると、頭のおかしな相手には私は絶対会いたくないんだけれど。理屈脳の男と付き合っている分、人間って合理で動かないんだなあと余計に痛感した(私自身もそうだけど)。

それが、接見を控えた今月に入って一転。「頭のおかしなあなたが来ると従業員が怖がるので振り込みました」とのこと。ようやく自己の主張の矛盾に気付いたらしい。加えて言うと、頭のおかしな人を雇ったのはあなただ。こちらの擬態を見抜けなかった方も経営者として能力不足の誹りは免れまいよ。

 

現在は上京のために就職活動や資金繰りの相談などの準備を進めている。内定はもらったが、ブラック過ぎるので蹴ってアルバイト生活に入るつもりだ。

不幸を嘆いても不幸は終わらないと気が付いた。気付いてからはできるだけ思考のしかたを変え、行動にしている。恋人にはずいぶん見違えたと言われた。

今年の桜は東京で。恋人と一緒にお弁当でも持って花見ができる様に頑張る。

肉体についての近況報告

最近、実年齢が体年齢に追いついた。このまま体年齢と共に年を重ねていくのか、それとも体年齢は年をとらずに済むのか、はたまた急激に老け込むのか、定かではない。

体重は50キロを切った。正月からこっち、昼前まで寝て、ドーナツだのシフォンケーキだのを自作して食べ、一日中部屋から出ずに生活しているのに、だ。

全盛期から体重は15キロ程度落ち、体脂肪率は4パーセント減った。まだまだ体脂肪率が高いから努力せねばならないが、顔だけでなく肉体も美人と言われる日が来るかもしれない。

ま、来月にはまた働き始めるのでどうせまた痩せるだろ(怠惰)。

ドキドキ!死者蘇生クッキング☆

残念なことに、これまでの人生において貧困と縁が切れた試しはない。幼少期から幾度も餓死の危機をおぼえ、山で採ってきた山菜などで食いつないできた。

そのため、食に関して並々ならぬ執着がある。色気より食い気。私がほぼ毎日台所に立つのは、単純に食い意地が張っているからだ。

 

貧乏性と調理技術。出会ってはいけない2つの要素が大恋愛した末に誕生するのは、賞味期限切れの食材を活かした魔の料理だ。私はこれを死者蘇生クッキングと誇称している。

私にとって賞味期限は絶対的な価値基準ではない。信じるのは己の舌と長年の勘、そして自らの肉体の鈍感さ・頑強さのみである。

 

死者蘇生クッキングの肝は、味をどう誤魔化すかにある。生物なら水で表面を洗い流し、スパイスを使って火に通せばまぁイケる。

市販のカレー粉や唐揚げ粉、マヨネーズは心強い味方だ。初心者ネクロマンサーでも簡単に味をごまかすことができる。

私くらいになると、ローズマリーオレガノオールスパイスで臭いをかき消し、賞味期限が一週間以上切れた魚の切り身をフライにして美味しくいただいてしまう。夜な夜な食中りでトイレに起きないか、我ながら不安ではある。

 

この世の摂理に抗う蛮行。貧乏性とガストロノミーの危険な恋愛。両津勘吉が調味料と調理技術を手に入れたらきっとこうなるだろう。

決してオススメはしない。どなたかがこの記事に影響されて健康を害したとしても、私は責任をとりかねる。あしからず。読者の諸君の健康を心から願う。

わたしとドーナツ

最近ドーナツ作りにハマっている。特に理由はない。強力粉とホットケーキミックス(本来は薄力粉を使うのだが)の割合の調整が難しい。強力粉だけで作ると、揚げた時に外側が硬くなりやすい。ホットケーキミックスや薄力粉だけで作るとさっくり軽い食感になるが、個人的にはもちもちとした食感の方が好みだ。故に、かじった時はさっくりと、奥歯で咀嚼する時はもちもちと……なんて夢のドーナツを作るには、強力粉と薄力粉(私の場合はホットケーキミックスだが)の配合が肝要なのだ。

揚げる時の温度も肝要だ。唐揚げなどはさっくりした食感を求めて高温で揚げがちだが、ドーナツの場合は高温だと揚げ過ぎになりがちで、下手をすると黒こげになってしまう。比較的低温で、様子を見ながら揚げなけれぱならない。

いずれにしろ、イースト菌で発酵させて作るので、パン作りのノウハウが役に立っている。発酵が不十分だったり、焼き具合が足りないと、食べた時に生臭い臭いがする。

そして、パンが焼ける時の香ばしい香りには、僅かなアルコール臭も混ざっている。イースト菌が発酵した時に発生するアルコールが熱せられることにより揮発し、小麦粉が焼けた時の匂いと混じり合って、あの独特の香ばしい香りとなるのだ。

いずれにしろ、パン作りは経験が物を言う。焼き加減を見極めるのはもちろん、その日の室温や湿度によって水加減や発酵のペースを見極めねばならない。毎日パンを作っていればそのうち慣れてくるものだが、少しでもパン作りから離れればすぐに勘は鈍ってしまう。私なんかは、同じ手順で作ってもクオリティが安定しない(食するのに問題ないレベルの差ではあるが、僅かに味に違いが出てしまう)。

子供の頃、保育園で出されたドーナツが大好きだった。揚げたてで、子供の歯でも食べられるくらいに柔らかいのに、もちもちとしていておいしかった。イースト菌で発酵させていたのか、ベーキングパウダーやショートニングを使っていたのか……今となってはわからないが、いつも同じクオリティのおいしいドーナツをおやつに出していた調理師さんはすごい。

子供の頃に食べた思い出の味を目指して、精進するのみである。

ほろよい一缶飲み干したら死にかけた話

※はじめに

不穏なタイトルに商品名が登場しておりますが、発売元のサントリーおよびこの商品を貶める意図はまったくございません。ほろよいはおいしいチューハイです。お酒はほどほどに。

 

 

先日仕上げた案件とは別に、ロゴタイトルを作ってほしいという依頼が来た。前回から立て続け、しかも締切が極端に短かったが、引き受けた。

朝からコンサータを二錠服用し、十時間以上ほぼぶっ続けて作業する。朝食はしっかりとるが、昼食はおざなり、夜は疲れ果てて食欲がないので何も食べずに寝る。二日目も同じ様な感じで作業し、16時頃にようやく一段落ついたところで、母親と部屋の清掃。二時間の重労働(何せ足の踏み場がない状態だったのだ)を終えるも、リテイクを食らい、結局眠ったのは0時頃。またも夜はほとんど何も食べずに薬だけ胃に放り込んでいた。

翌日は10時間以上眠ったが、疲労はとれていなかった。朝食に牛丼を食べ、前日に約束していた通り、母と13時からカラオケに。そこで炒飯や唐揚げやらを食す。時間に余裕があったが、疲労がひどかったため、16時に切り上げ。17時に帰宅し、二時間ほど眠った後に、友人とLINEで二時間談笑。そしてその後、今度は恋人と一時間ほど通話し、一時に就寝。

起きたのは9時過ぎのこと。仕事は落ち着いたし、疲労している自覚があったので、ゆっくり自分を甘やかそうと決意。恋人と通話して、出かける彼がいなくなった後で、祝杯でもあげるかと冷蔵庫からチューハイを取り出した。それが悪かった。

 

録画していた鉄腕!DASH!!を見ながら、白米とローストチキンを貪りつつ、ほろよい(桃味・アルコール度数三パーセント)を一缶あけた。飲み始めてから飲み終わるまではおよそ一時間。

水を飲もうとふらっとソファーから腰を上げ、シンクにたどり着くまでおよそ十数歩。立ち上がったことと、動いたことにより、一気に酔いが周る。蛇口からマグカップに注いだ水を飲み下した瞬間、急速に意識が遠のいた。「あっ、ねむい、寝よう」そう思い、体から力が抜ける。次の瞬間、ばたーんと床に倒れ込んだ。血の気が引くというか、寒気がする。肌寒い。吐き気に襲われ、とっさに近くにあったバケツに吐いた。気持ち悪い。体の感覚が薄い。意識障害が起きている自覚はあったので、しばらくそのまま床に横になっていたが、今度はお腹が痛くなってきた。這う這うの体で何とかトイレに行き、惨事を免れる。が、トイレに座ると頭の位置が高くなったためか、血の気がどんどん引いていく。またも吐き気をおぼえ、何とかトイレットペーパーの包装の袋の中に嘔吐する。そんなことを何度も繰り返した。

嘔吐と下痢をこらえながら、冷たいフローリングに横たわっている時。朧な意識の中で、「このまま死ぬのかな……」と思ったが、吐瀉物や排泄物にまみれながら死ぬのだけは嫌だった。いや、今までに首吊りや飛び降りなど、綺麗に死ねない自殺方法ばかり試そうとしてきたくせに何を今更といわれても仕方ないが、いくら何でも自宅で急性アルコール中毒死というのは情けがないので。

結局、散々トイレのお世話になったところで、友人に助けを求め、アクエリと栄養ドリンクを恵んでもらう。父が帰ってくる前に、吐瀉物を処理し、ほろよいの缶を捨て、証拠隠滅。父には体調不良とだけ連絡し、心配した母が駆けつけ、ちょっとした騒ぎに。以降、18時から23時まで眠っていた。

 

一方その頃、恋人は教え子に「ゲテモノ食いだから女の趣味が悪いんじゃないですか?」と言われていたらしいが……残念ながら反論する言葉がない。奇跡的に美少女(?)に生まれただけで、来世はクモかな? ムカデかな?

当分酒は控えます…

手帳チャレンジ成功✌

昨日、同人誌のデザインの依頼を終えた。メンタル的に絶不調で、朝5時の時点で表紙しかできていない状態だったが、何とか背表紙と裏表紙を作り上げて納品した。たった数時間で背表紙と裏表紙を作り上げた私えらい!(そもそも締切にゆとりのある納品を目指せ)

 

今日はひたすらFGOをやっていた。イベントをサボっていたので頑張って周回しているが、スカディシステム(未完成だけれど)を使っても効率が悪い…

午後から役所に行き、無事念願の障害者手帳をもらった。お役所仕事だからてっきり交付は年明けになると思っていたが、案外早かった。職員さん、お疲れ様です。

 

そして、先ほど未払いの賃金(スナックのアルバイトをしていたが給料をもらえていないのだ)について、労働基準監督署に相談した。文書で催促しろとのことだったので、その手のことが得意そうなお友達に依頼して文書のファイルを作っていただくことになった。お友達は、パワーポイントやワードで同人誌の表紙を作成する強い女史である。フォトショップは使えてもワードが苦手な私にとってこの上ない味方だ。女史にはまた同人誌の表紙を無償で作成することで報いようと思う(彼女さえよければ、だが)。

 

母親から鶏を丸々もらう。来週辺り、ローストチキンでも作ろうかな。ローズマリーを買わなければ。