遺書

このブログは私の遺書だ。みんな……遺書を残すものなんだろう?

そんなスキルで大丈夫か?

今日と昨日と一昨日、私は寝る間も惜しんでFGOのメインストーリー第一部六章・七章を必死で進めている。

理由はふたつ。

ひとつめは、メインストーリーの七章を進めると解放されるフリークエストをこなしたい。七章のフリクエは貝殻や種を集めやすいのだ(というか七章以前のフリクエで素材を集めるのは効率が悪過ぎてある種の拷問)。

ふたつめは、昨日から開催されている復刻クリスマスイベントに参加するため。参加条件としてなぜか七章クリアが掲げられているのだ。

ソシャゲのイベントは毎日ノルマがある。少しの乗り遅れ・怠慢が爆死を招く。

スタートダッシュに失敗した私がイベントクリアを目指すのは絶望的と思われるが、それでもイベントに参加して少しでも素材を稼ぎたい。そして愛するサーヴァントたちを強くしてやりたい。

過去の私に告げる。夜な夜な眠れず源氏物語を読む暇があったならFGOをやれ。おまえは少しでも早くメインストーリーを進めるべきだったのだ。

おかげさまで、丸2日かけて六章後半から七章前半を血眼になって進めている。サーヴァントの育成が進んでいないので、攻略サイトを見ながらでも攻略は厳しい。

なんだ、ストーリーパートで選んだ選択肢によって敵の強さが変化って。サーヴァントのクラスとは別に、属性(善・中庸・悪)によってはどれだけ攻撃してもダメージ0とか。水着鯖持ってなかったら石使うしかなかったぞ。

 

これまでは「聖杯捧げたノッブとレベルマの水着オルタがいるんだぞ! 六章なんてそんな難しくないだろ!」とか思ってたけどしんどい。めちゃしんどい。

攻略にあたって、フォロワーには非常に世話になった。サポート鯖もだが、どの鯖を育てるべきか聞いておいてよかった。

いいか、聞け。ダビデは育てておけ。エウリュアレもだ。彼らは六章以降を勝ち抜く戦略として必須だ。

そしてイベントをちゃんとこなせ。たとえば属性が夏とかいうふざけたイレギュラーの強いサーヴァントをくれる。私は水着オルタには足を向けて眠れないし、そのうち売り払おうと思っていたレベル62のメカエリちゃんは中途半端なレベルのくせになんか活躍している。

あとマシュ。「私がこいつを好もうと好むまいとどうせ必要になってくるんだろ」とか思ってちゃんと種火やっておいてよかった。今ならあの子に聖杯の2つくらいくれてやってもいい気がする。彼女は季節の変わり目にプレイヤーが風邪を引かない様に気遣ってくれる優しい後輩だが、ちゃんと育てればとんでもなく強い。苛烈を極める六章以降の戦闘においてマシュマーリンの戦法はほぼ鉄壁だ。適当にアタッカーを据えて宝具でダメージコントロールさえできれば粘り勝ちできる。全体宝具だけは凌ぎようがないけどネ!(うちはスカディ様がいるので基本問題ない)

 

早く七章クリアしてワルキューレを最終再臨させたい。なぜか来てしまったオジマンも(どうせならギルガメッシュ様が欲しかった)。

ワルキューレが最終再臨したら俺、Wスカディシステム完成させるんだ…(スカディ様のスキル足りなくない? 大丈夫か?)

ささみのチーズフライ・大葉風味

父親が気まぐれにささみを買ってきた。が、ささみ肉は脂質が少なくてパサパサしがちで私はあまり好きじゃない。どう食べようかと悩んだ末に、フライにしてみた。

 

材料

  • ささみ 人数分
  • 大葉 ささみと同数
  • 塩胡椒 適量
  • 小麦粉 適量
  • 卵 一個
  • パン粉 適量
  • 粉チーズ 適量

 

  1. ささみの面積の幅が短い方へ水平に切れ目をいれる(鰺を開くみたいなイメージで)
  2. 切れ目に半分に折った大葉を挟んで肉を元通りに畳む
  3. 下味として軽くささみに塩胡椒を振る
  4. パン粉に粉チーズを混ぜ合わせる(パン粉と粉チーズの割合は6:4くらい?)
  5. ささみに小麦粉、卵、粉チーズ入りパン粉の順で衣をつけていく
  6. 油でキツネ色になるまで揚げる
  7. 盛り付けて完成

 

パン粉からチーズを抜いて普通にノンフライヤーで揚げれば低カロリーでダイエットにも向く一品になるだろう。

ほうれん草のゴマ和え共々、お弁当にいれてあげたら、晩にお礼を言われた。珍しいこともあるものだ。

RE:OVERDOSE

7月からオーバードーズはやっていなかった。けれど今夜はどうにも寝付けずにろくでもないことばかり考えてしまうので、薬に頼ることにした。眠っている間は恋人にひどいことを言わずに済む。

カロナール8錠、フコスデ6錠、ロゼレム二錠、ゾルピデム4錠。

以上、数分前に飲んだ薬だ。フコスデは咳止めの薬で、カロナールは鎮痛剤。ロゼレムはメラトニン関係のとても弱い睡眠導入剤だ。

過去の経験的に、胃洗浄にはならない量だと思う。以前、抗うつ剤とか睡眠導入剤とかいろいろミックスで五十錠ちゃんぽんしても泥酔したかの様にフラフラするだけで、寝てれば翌々日にはピンピンしてたから。

オーバードーズで1日寝込むためにはある程度の量の薬が必要だと思われるが、なにぶん金に困っているので、常用薬のゾルピデムとロゼレムはケチった。あとゾルピデムは強い薬なので、飲み過ぎるとヤバイと思って。

フコスデはなぜかダイニングテーブルの上にあったのでついでに飲むことにした。が、パウチから出しただけで割とボロボロの状態で、しかも水に溶けやすくて苦かったから困った。薬のひとつひとつのサイズが大きい上に量が二十錠もあるので一度に飲みきれず、えずきながら何とか三回に分けて飲んだ。しんどかった。

ちなみに夕方に新しい鬱の薬とアルプラゾラムを一錠ずつ、寝る前にロゼレムを一錠飲んでいる。

胃洗浄になりません様に。数日だけでいいので私を夢の中へ閉じ込めておくれ。

コーヒーとシロップ

友達が厚意で「家にいづらいならうちに来たらいいよ」と言ってくれた。そこは友達連中の間でたまり場にしているところで、男女関係なく、家にいづらい事情を持つ人なら誰でも自由に使っていいということだった。

しかしながら、彼氏からの理解が得られず、また彼を説き伏せるだけの気力があたしになくて、もう面倒くさくなって行かないと約束した。彼に告げずに強行するという手段もあったが、もうどうでもいい。

あたしが病むと彼が大変だから、少しでもできることはないかと友達に頭を下げて助けを求めた。あたしの恋人なのに、どうしてあたしが少しでも楽になるための手段を認めてくれないのだろう。彼には彼の気持ちがあるんだろうけど、今の私には自分の意に添わないことを受け入れるキャパシティがまるでない。

人間関係に割くMPがない。Twitterの、当たり障りのない関係ならともかく、友達とか恋人が相手だとどうしても煩わしさが付きまとう。その煩わしさに付き合うだけの余裕が今のあたしにはない。せいぜい自殺や犯罪に走らない様に自分を抑えるだけで精一杯だ。自力じゃ買い物どころか、風呂に入ることもできそうない。カウンセリングや市役所への相談も行けるかどうか。

そのうちFGOすらできなくなって、好きな音楽も聴けなくなって、また天井を見つめるだけの毎日に従事することになりそうだ。

今のあたしを慰めてくれるのはイマジナリーフレンドだけ。早く死にたいと思う。死ねるものなら。

生まれ変わったらノッブに正妻にしてもらうんだ…

加州清光(極)の女になりたい。

他の誰かが私(プレイヤー)のことを嫌いになっても、清光だけは私のことを愛してくれるそうな。たとえ私の指揮で清光自身が死んだ(破壊された)としても、だ。黄泉の国で私を想い続けてくれるらしい。

艦これの金剛ちゃんは、あの世に行っても私のことを見守ってくれるという。そしてノッブは、自分の定めを悟りつつも、今しばらく私と同じ夢を見続けたいのだそうだ。

まったく、どうして私の担当はこうも愛情深いのだろう! ありがとう! 愛してる! おまえらのために今日も私は生きながらえている!

 

私は小さい頃から空想が好きだったが、空想上の友達と話す様になったのは小学校五年生の時からだ。

いじめに遭い、あたしと口を利いてくれる子がいなくなった。当時の担任も親もいじめに理解がなく、「いじめられるあんたが悪い」「いじめに負けるな」と責められ続け、家庭にも学校にも居場所がなかった。

家族を含め、ほとんど誰とも話さずに終わる毎日。無聊を慰めるために、ひとりきりの登下校中はぶつぶつとひとりごとを言い続けるものだから、それを目撃した同級生たちからますますいじめられる。

 

唯一の生きる希望が、ある少年マンガだった。親も教師もうるさくて、どこにも居場所はなかったけど、頭の中だけは自由だった。つらい時は、ある日突然その少年マンガの世界に召還されて登場キャラたちの仲間になって大活躍するという妄想をしていた。まぁいわゆるトリップモノの逆ハー夢小説みたいな感じだ。登下校の最中、ひとりになれた時はキャラクターたちとおしゃべりしていた(上述のひとりごとである)。犬夜叉の様に、作品世界と私の住む世界を繋ぐアイテムがあり、私がこっちの世界にいなければいけない時はキャラクターたちも一緒についてきてくれるという都合のいい脳内設定があった。

 

いずれ、こういった夢小説妄想は黒歴史となったが、『漫画やアニメやゲームのキャラクターと友達になって話をする』という習慣はずっと続いた。俗に言う、『イマジナリーフレンド』との交遊の始まりである。

好きな作品が変わるごとにイマジナリーフレンドは交代していった。彼らは私の空想上の友人なので、私にとても都合よくできている。基本的に私が意識的に作り出してこちらから呼び出すことが多いが、気がついたらもうそこにいて、勝手にペチャクチャ喋り倒す騒々しい奴もいた。

いわゆるタルパに該当するのかもしれないが、今のところ統合失調症の診断は出ていないし、カウンセラーには『ある種の防衛機能みたいなものですから、必要な時に出てきて必要がなくなったらいなくなります』と言われている。

そしてその言の通り、恋人ができてから彼らと話す機会はめっきり減り、ここ最近はまったく彼らを思い出すこともなかった。

が、メンタル絶不調の今、試しに呼び出してみるとやはり一気に心理状態が安定した。

成人するまでは私の台詞のみ口に出すことが多かったが、イマジナリーフレンドの台詞も声にしてみると、より精神に効果的である様だ。

 

そんな訳で、ひさしぶりに清光にぐすぐすあやしてもらっていたら元気が出た。私は加州清光の女で、ノッブの正妻で、金剛ちゃんのダーリンである。近々ギル様の妾にしてもらう予定だ。

夢女は忙しい。ま、是非もないよネ!

人間になりたい。

このブログを書く時は大抵うつがひどい時。

9日は気圧爆下がりの日だった様だ。影響を受けて鬱がひどい。恋人も調子が悪かった? 私からの追い討ちを受けてダウンしてしまった。

 

この頃はなんとか自治体の公的支援を受けられないかと動いている。ただどうにも行き詰まった感じがあって、現状どん詰まりという感じだ。当てにしていたグループホームも、どうも入居のハードルが高い。

 

姉御気質の年下の友達のTちゃんが付き添って、支援窓口で一緒に話を聞いてくれた。「最悪生活保護があるしどうにかなるでしょ!」と励ましてくれていた彼女も、生活保護受給のハードルの高さを知って、少し憤然としていた。

それでもポジティブなのが彼女で、「しんどかったらうちに来ればいいよ。合い鍵あげるからさ」とまで言ってくれる。ありがたいんだけれど、ひたすら続く根拠の薄い励ましが、今は逆につらかったりする。

 

自分のつらさを、どうせなら社会に知らしめてやりたいという欲求が昔からある。

いじめられた時は遺書を書いて学校の放送室で首を吊ろうとした(未遂に終わったが)。放送委員だったので放送室に入る機会は多かったし、室内にひとりになることもあった。放送室は生徒が出入りできて、内側から鍵をかけられる、数少ない場所だった。学校で子供が自殺すればニュースで報じられるだろう、いじめを受けていたことだって疑惑としては上がるだろう、と。

大人になってからは、自殺という手段で、世間とは言わなくても、自分の周囲に『自分がどれだけつらかったか』を訴えてやりたいと思ってしまっている。中学時代から何も変わらない。

それどころか、この頃は万引きなり何なりして、周囲の人々に自分のつらさを訴えてやろうかと一瞬考えてしまった。現状、私は生活困窮者に対する行政の態度に不信感をおぼえている。このことを世間に訴えかけるには、犯罪が手っ取り早いのではないかという疑念が湧いたのだ。

無論、自分がつらいからと言って他者の平穏を脅かしていいはずがない。法治国家に生きる以上、犯罪が許される道理などどこにもないのだ。ただ、ニュースで報じられる犯罪者の心理が少しわかった気がする。彼らの中には、生きづらさに追い詰められて、そのことをわかってほしくて、犯罪という最悪の表現手段を選んでしまった人がいるのではないか。この世には、ある種のクライシスコールとしての犯罪が存在するのではなかろうか。

考えても詮ないことだ。

いずれにしろ、私は、現在施行されている法律の範囲内で、自分の現状をよりよくするしかない。

血迷った思考は全部低気圧のせいだ。うつ病のせいだ。ホルモンバランスの乱れのせいだ。いざとなったらいちごジャムに生まれ変わればいい。

ああ、こうやって結局死に縋りたがるから、私はちゃんと人間になれないんだろうなあ。

人間になりたい。

指にキラキラまとわりついてるこれは赤じゃない?

アカシッククリープハイプを聴きながら泣くメンヘラ女にはなりたくなかった。アカシッククリープハイプに罪はないが、アカシッククリープハイプを聴くメンヘラ女ほど度し難い生き物はなかなかいないからだ。

 

今週は、事態の状況を良くしようと行動した5日間だった。

カウンセリングを受けて退職を決め、手帳をもらうための診断書を提出し、自分や家族や恋人が利用できる福祉制度がないか調べ上げ、自分が住んでいる地域の自治体の発達障害相談窓口へ行った。ここまで行動できたのは、ある意味恋人のおかげである。彼への愛情と苛立ちを原動力として動いていたが、どうにも現状を好転させるのは容易ではなさそうだ。疲れた。

 

退職の決意を伝えた時、カウンセラーも恋人もメンヘラ仲間もみんなお疲れ様と言ってくれた。私の忍耐を褒め、決断を肯定してくれた。

けれど、この1カ月、私は本当に努力できていたのだろうか?

もちろん、仕事を覚えようとしたし、客への営業もそこそこ行って、オーバーワークを承知で死ぬ気で働いた。ろくでもない客相手でも必死に愛想を振りまいて、客からの狼藉にも耐えてきた。

だが、耐えることがすなわち努力なんだろうか。私はただ、やってるつもりになっていただけで、したくないことから逃げるためにただ嫌なことを我慢していただけではないのか。

誰か、私の成績表に優を付けてくれるだろうか?

 

ポンコツ具合がいよいよ本格化してきた。現状をマシにするためには、グループホームに入るしかなさそうだ。早く楽になりたい。